HOME > ネクタイの基礎知識 > ネクタイの結び方

ネクタイの結び方

ネクタイで個性を発揮するひとつの方法に「結び方(ノット)」が挙げられます。ノットの大きさや巻き方など、色・形とはまたひと味違うネクタイへのこだわりを存分に発揮できるはず。様々なノットを使い分けることで、ネクタイのオシャレを楽しんでください。

プレーンノット

プレーンノット

あらゆるネクタイの結び方のうち、最も基本的なもの。結びやすく、どんなタイプのシャツの襟にも合うため、いまや主流となりつつあります。別名「レギュラー・ノット」「フォア・イン・ハンド」とも呼ばれています。

ダブルノット

ダブルノット

プレーンノットの変形版。プレーンノットの場合、大剣の巻きは1回ですが、ダブルノットでは2重巻きにします。ノットにボリュームを持たせたいときにおすすめです。オン、オフ問わず使える、実用度の高い結び方で、特に細めのロングカラーシャツなどによく似合います。

ウィンザーノット

ウィンザーノット

英国エドワード8世、後のウィンザー公が流行らせた結び方として有名。様々なネクタイの結び方の中で、最も結び目が大きく、逆三角型をしています。ワイドカラーによく似合う結び方です。

セミウィンザーノット

セミウィンザーノット

ウィンザーノットよりも小ぶりな大きさの三角形のノットになります。ウィンザーノットでは結び目が大きすぎるときや、細いネクタイをあまり細長い結び目にしたくないときに最適。大半のシャツの襟元に似合う結び方です。別名「ハーフウィンザーノット」とも呼ばれています。

スモールノット

スモールノット

その名が示す通り、小さな結び目が特徴です。プレーンノットが小剣を軸に大剣を巻くのと逆で、スモールノットでは大剣を軸に小剣を巻きます。小さめの結び目を好まれる方におすすめします。

ノンノット

ノンノット

ノンノットは、パーティーなどにピッタリな遊び心溢れる結び方です。
前後ろを逆にして、通常シャツの裏側に隠れた部分を外側に向けているような結び目は、結婚式の二次会や、ちょっと改まった華やかな席に最適。結ぶ際は、左右に巻き込む部分を対称にし、結んだ後、2つの三角形がきれいに見えるように調整し、強く締めすぎないことがコツです。


ページトップへ
Copyright (C) 2006 Glory Shibata CO. LTD. All Rights Reserved.


オリジナルネクタイ専門店 NECKTIE FACTORY
〒550-0012 大阪市西区立売堀1丁目3-13 第三富士ビル3階 TEL:06-6539-0441

LINK PRIVACY POLICY お問い合わせ